平成31年 メールマガジン

1月2月3月4月5月6月
7月8月9月10月11月12月

5月

☆★TIMELY@Azure 第94号★☆

                           令和元年5月16日

                           税理士法人 アズール

--------------------------------------------------------------------------------

 -「三種の神器」の継承は贈与税対象?-

 

                         代表社員 長谷川 敏也

--------------------------------------------------------------------------------

 平成に続き、令和でもよろしくお願いします。今回は生前の退位と新天皇の

即位とあって、華やかな気分で新元号を迎えることができました。

 ところで、関連する特例法である「天皇の退位等に関する皇室典範特例法

 (成立:平成29年6月9日)」では、天皇陛下の退位及び皇嗣の即位を実現

するとともに、贈与税の非課税等(附則第7条)が規定されました。すなわち

「この法律による皇位の継承があった場合において皇室経済法第7条の規定に

より皇位とともに皇嗣が受けた物については、贈与税を課さないものとする」

というものです。皇位の証しとして歴代天皇に受け継がれてきた「三種の神

器」などは、皇室経済法で定められた「皇位とともに伝わるべき由緒ある物」

とされており、相続税の課税対象外になっていますが、退位による生前贈与は

これまで想定されていなかったため、新たに設けられた皇室典範特例法の規

定で、今回の皇位継承に限って贈与税を非課税とする措置がとられたというわ

けです。

 宮内庁は、約600件を「由緒ある物」に指定しているそうです。三種の神器

以外に、宮中祭祀が行われる皇居・宮中三殿や歴代天皇の直筆の書などが含ま

れていますが、5月1日から新天皇陛下の持ち物となりました。

 ここで非課税措置を法制化しなければ贈与税の課税対象となるところでし

た。もし課税となると、まず三種の神器の評価額を決定しなければなりま

せん。三種の神器について諸説あるようですが古事記にもその記載があり、骨

董品などに該当すると考えられます。贈与税を計算する際の評価は贈与時の時

価です。通常、骨董品は売買実例価額や精通者の意見価格などを考慮して評価

されます。実際には、同様の物が売られている場合には、その価額を参考にし

ます。古美術商などに鑑定を依頼し鑑定士に鑑定書を書いてもらう等々です。

ただ、三種の神器は天皇陛下でさえ実物をご覧になることはできないとも言わ

れています。誰も見たり触ったりできないものを鑑定したり、課税当局がその

金額を否認すること自体が難しいのかもしれません

 このように、贈与対象がすべて贈与税の対象となるわけではないのです。相

続税や贈与税の「非課税財産」は私たちにも定められています。生活費や教

育費、墓地や生命保険等の非課税枠などです。うまく使って節税できるよう

工夫することが認められていますのでご検討ください。

 なお、同時に国民の祝日に関する法律の一部改正(附則第10条)がなされ

「国民の祝日である天皇誕生日を1223日から2月23日」に改める」となり

ましたので、ご留意ください。

 

--------------------------------------------------------------------------------

-地積規模の大きな宅地の評価-

 

                              松浦 文彦

------------------------------------------------------------------------------

 相続財産の評価額を計算するうえで、土地の評価額の計算は少し複雑です。

簡単な方法ですと、路線価×土地の面積=評価額となりますが、実際には地形

や周辺の状況に応じて評価額を算出します。

 さらに土地の評価の中で、面積が広大な宅地については、別途、広大地評価

と呼ばれる評価方法が定められていました。どれくらいの広さかというと、三

大都市圏(東京、名古屋、大阪)の場合は500平米以上、それ以外の市街化区域

の場合は1,000平米以上、市街化区域ではない場合には3,000平米以上が対象で

す。ただ広い土地であれば適用できるかというと、そうではなく、広大地と認

定される条件を満たさなければいけません。

 この広大地評価は平成30年度税制改正で廃止され、平成30年以降は簡単に判

定できる「地積規模の大きな宅地の評価」に変わりました。

 この改正により、今まで適用要件があいまいであったものが下記の要件へと

明確化されました。

 

 <地積規模の大きな宅地>

  (1)三大都市圏は500平米以上の宅地、三大都市圏外の地域は1,000平米

     以上の宅地

  (2)路線価地域については、普通商業・併用住宅地区および普通住宅地区

     に所在する宅地

  (3)次のいずれにも該当しない

     ・市街化調整区域(都市計画法に規定する開発行為を行うことがで

      きる区域を除く)に所在する宅地

     ・都市計画法に規定する工業専用地域に所在する宅地

     ・容積率が400%(東京都の特別区においては300%)以上の地域

      に所在する宅地

     ・大規模工場用地

 

 <評価方法>

   路線価×各種補正率(注1×規模格差補正率(注2×地積

 

 (注1)不整形地補正率などの地形を考慮した補正率

 (注2)宅地の所在する地域と面積を考慮した補正率

 

 愛知県内は、豊田市と岡崎市の一部を除きすべての市町村が三大都市圏に該

当しますので、上記要件に該当する宅地がありましたら、地積規模の大きな宅

地の評価の適用を受けることができます。また相続財産のみならず、自社株評

価の際の土地の評価についても適用できます。

 

--------------------------------------------------------------------------------

 

5.-セミナーのご案内-

 

----------------------------------------------------------------------------

 下記の通り「働き方改革に関する助成金セミナー」(主催 税理士法人アズ

ール)を開催致します。

 ご多忙中とは存じますが、この機会に是非とも皆様のご参加をお待ちしてお

ります。

 

             記

・日  時  令和元年7月18日(木) 

       14時00分~16時30分

 

・講  師  東海労務センター

       社会保険労務士 辻 友一郎

       税理士法人アズール代表社員

       公認会計士 税理士 長谷川 敏也

 

・会  場  名古屋市東区東桜1-13-2愛知県芸術文化センター12F

       アートスペースE・F

 

・参 加 費  顧問先様 無料

 

・お問い合わせ、お申込みは当法人までお電話またはFAXください。

 

 

----------------------------------------------------------------------------

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------

税 理 士 法 人 ア ズ ー ル

461-0005 名古屋市東区東桜1-8-16 ロータス東桜ビル

TEL(052)684-8120   FAX(052)684-8130

お問合せ: lazward@azuretax.jp

 

☆ホームページ 定期更新中☆

http://www.azuretax.jp/

 

★相続専用サイトはコチラ!!★

http://www.azure-souzoku.jp/

--------------------------------------------------------------------------------

 

☆★TIMELY@Azure 第93号★☆

    

 平成31年5月6日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.-老後の生活等に備える資産形成を支援する公平な制度のあり方-
2.-特別寄与料と更正の請求の特則-
3.-年次有給休暇の義務化について-
4.スタッフの読んだ1冊 -『睡眠こそ最強の解決策である』
             (SBクリエイティブ/マシュー・ウォーカー)

5.-セミナーのご案内-


TIMELY@Azure第93号はこちら


4月

☆★TIMELY@Azure 第92号★☆

    

 平成31年4月15日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.国税庁が「10連休」「改元に伴う納付書の記載の仕方」を広報

2.成年後見人「親族が望ましい」と最高裁


TIMELY@Azure第92号はこちら


☆★TIMELY@Azure 第91号★☆

     

 平成31年4月3日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.-改正入管法4月1日施行-

2.-所得拡大促進税制における教育訓練費の明細作成について-

3.-消費税率引上げ ~経過措置~-

4.スタッフの読んだ1冊 -

 『愛しのドラゴンズ! ファンとして歩んだ半世紀』-著者:北辻利寿 出版社:ゆいぽおと

5.-セミナーのご案内-


TIMELY@Azure第91号はこちら


3月

☆★TIMELY@Azure 第90号★☆

☆★TIMELY@Azure 第90号★☆

 平成31年3月20日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.-GW10連休への注意点-

2.-財産債務調書-

3.-セミナーのご案内-


TIMELY@Azure第90号はこちら


☆★TIMELY@Azure 第89号★☆

  平成31年3月5日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.-消費税増税時のポイント還元-

2.-QRコードによるコンビニ納付の運用開始-

3.FPの窓-ほふりが住基ネットから証券口座に係るマイナンバーをまとめて取得!-

4.スタッフの読んだ1冊 

 -『聞く力』-著者:阿川佐和子 出版社:文藝春秋

5.-セミナーのご案内-


TIMELY@Azure第89号はこちら


2月

☆★TIMELY@Azure 第88号★☆

      平成31年2月20日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.ふるさと納税の加熱競争は沈静化へ?~申告も忘れずに!

2.-贈与税の住宅取得等資金の特例を受けた場合の注意点-

3.-セミナーのご案内-


TIMELY@Azure第88号はこちら


☆★TIMELY@Azure 第87号★☆

 平成31年2月4日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.-個人版事業承継税制の創設-

2.-医療費控除の明細書と医療費通知-

3.FPの窓 -スマホで確定申告『スマート!確定申告』-

4.スタッフの読んだ1冊 

 『明日、機械がヒトになる ルポ最新科学』 著者:梅猫沢めろん 出版社:株式会社講談社

5.-セミナーのご案内-


TIMELY@Azure第87号はこちら 


1月

☆★TIMELY@Azure 第86号★☆

     

 平成31年1月15日 税理士法人 アズール

☆今月のINDEX☆

1.消費税軽減税率対策補助金の補助対象が拡大されました

2.-個人版事業承継税制-

3.-セミナーのご案内-


TIMELY@Azure第86号はこちら


☆★TIMELY@Azure 第85号★☆

 平成30年1月1日 税理士法人 アズール

今月のINDEX

1.-災害に対する対策強化の年に-

2.-国税庁「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」を公表-

3.FPの窓 -平成31年度税制改正大綱 決定!-

4.スタッフの読んだ1冊 

 『会計天国』 著者:竹内 謙礼・青木 寿幸 出版社:HP研究所


TIMELY@Azure第85号はこちら


バックナンバー